【締切に注意】新型コロナウイルスの影響で収入が減少した方々へ 支援金・給付金のご案内。

クラポ土浦店 店長 鎌田 康宏

ウイルスこんにちは、クラポ土浦店の鎌田です。

年末まであとわずかになりましたが、今年は新型コロナウイルスに振り回された1年でした。

多少の落ち着きは取り戻したかと思いましたが、第三派の到来かと思われ程に感染者が増加傾向です。

多くの方が勤務時間・勤務日数の減少でお給料が少なくなってしまった…
中には、先の見通しが立たずに職を失った方もいるかと思います。

未だ、大変な思いをされている方も沢山いらっしゃると思いますので、ぜひこのブログを役立てていただければと思います。

目次

 

 

 

どのような支援金・給付金があるの?

①.新型コロナウイルス感染症対応 休業支援金・給付金

❖ 対 象 者
2020年04月01日~2020年12月31日までの間に事業者の指示を受けて休業し、休業手当の支払いを受けられなかった中小企業の労働者

❖ 制度の概要
新型コロナウイルスの影響で休業させられた中小企業の労働者のうち、日数から就労日や労働者自身の事情で休んだ日数を除いた分(休業実績)に応じて支給されます

❖ 支援の内容
休業前の1日当たり平均賃金の80%(上限日額11,000円)を、各月の日数から就労日や労働者自身の事情で休んだ日数を除いた分(休業実績)に応じて支給されます

❖ 申請の方法
申請書や本人確認書類など必要書類を用意し、郵送やオンラインで申請できます
労働者本人からの申請のほか、事業主を通じてまとめて申請することもできます

❖ 受付の期間
2020年04 〜 09月の休業に対する申請は、2020年12月31日まで
2020年10 〜 12月の休業に対する申請は、2021年03月31日まで

☟ 詳しくは、厚生労働省HP【休業支援金・給付金】でご確認ください ☟

https://www.mhlw.go.jp/stf/kyugyoshienkin.html

②.住居確保 給付金

❖ 対 象 者
次のすべてに当てはまる方
(1)主たる生計維持者が離職・廃業後2年以内である場合、もしくは、個人の責任・都合によらず給与等を得る機会が、離職・廃業と同程度まで減少している場合
(2)直近の月の世帯収入合計額が、市町村税の均等割が非課税となる額の12分の1と、家賃(ただし上限あり)の合計額を超えていないこと
(3)現在の整体の預貯金合計額が各市町村で定める額を超えていないこと
(4)誠実かつ熱心に求職活動を行うこと

❖ 制度の概要
新型コロナウイルス感染症の感染拡大等の状況を踏まえ、休業等にともなう収入減少により、離職や廃業に至っていないがこうした状況と同等程度の状況に至り、住居を失うおそれが生じている方々に対しても、一定期間家賃相当額を支給できるよう拡充されています

❖ 支援の内容
【支援期間】
原則3ヵ月(延長は2回まで最大9ヵ月間)
【支給上限額】
支給額はお住いの市町村および世帯の人数によって異なります

❖ 申請の方法
最寄りの自立相談支援機関へご相談ください

❖ 受付の期間
2020年4月20日~

☟ 詳しくは、厚生労働省HP【住宅確保給付金】でご確認ください ☟

https://corona-support.mhlw.go.jp/jukyokakuhokyufukin/index.html

③.ひとり親世帯 臨時特別給付金

❖ 対 象 者
【基本給付】
(1)令和2年6月の児童扶養手当の支給を受けている方
(2)公的年金給付等(遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など)を受給しており令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止される方
(3)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方
【追加給付】
上記(1)(2)のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少した方

❖ 制度の概要
子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親世帯については、子育てに対する負担の増加や収入の減少などにより特に大きな困難が心身等に生じていることを踏まえ、こうした世帯を支援するため、臨時特別給付金が支給されます

❖ 支援の内容
【基本給付】
児童扶養手当を受給しているひとり親世帯等の方への給付
①.1世帯:5万円
②.第2子以降ひとりあたり:3万円ㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
【追加給付】
新型コロナウイルス感染症の影響を受け家計が急変し収入が減少している方への給付
①.1世帯:5万円

❖ 申請の方法
【基本給付】
・対象者(1)に当てはまる方:申請不要です
・対象者(2)(3)に当てはまる方:申請が必要です
・申請書類をお住まいの自治体窓口に直接、または郵送でご提出ください
【追加給付】
・申請が必要です
・申請書類をお住まいの自治体窓口に直接、または郵送でご提出ください

❖ 受付の期間
自治体ごとに異なる

☟ 詳しくは、厚生労働省HP【臨時特別給付金】でご確認ください ☟

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11456.html

④.個人向け緊急小口資金等の特例(緊急小口資金)

❖ 対 象 者
新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生活維持のための貸付を必要とする世帯

❖ 制度の概要
非正規の方や個人事業主を含めて生活に困窮された方のセーフティネットを強化するため、新型コロナウイルスの影響による休業等を理由に一時的に資金が必要な方へ緊急の貸付が実施されています

❖ 支援の内容
【貸付上限】
従来の10万円以内とする取扱を拡大し、次のいずれかにあてはまる世帯は、貸付上限額を20万円以内とします

(1)世帯員の中に新型コロナウイルス感染症の罹患患者等がいるとき
(2)世帯員に要介護者がいるとき
(3)世帯員が4人以上いるとき
(4)世帯員に新型コロナウイルス感染症拡大防止策として、臨時休業した子の世話を行うことが必要となった労働者がいるとき
(5)世帯員に風邪症状など新型コロナウイルスに感染したおそれのある、小学校等に通う子の世話を行うことが必要となった労働者がいるとき
(6)上記以外で休業等による収入の減少等で生活費用の貸付が必要なとき

【据置期間】
1年以内
【償還期限】
2年以内
【貸付利子】
無利子

❖ 申請の方法
お住いの市町村の社会福祉協議会へお申し込みください

❖ 受付の期間
2020年3月25日~

☟ 詳しくは、厚生労働省HP【生活福祉資金の特例貸付】でご確認ください ☟

https://corona-support.mhlw.go.jp/seikatsufukushi/samout/index.html

 

 

まとめ

手洗い

いかがでしょうか?

今回取り上げた支援金・給付金以外にも銀行が独自で行っている支援策があります!

何かしら受給の出来る対象かもしれませんので、まずは最寄りの自治体へ相談する事をお勧めします。

当社でも色々な相談をお受けしております。
お気軽にお問合せ下さい。

☟☟☟ 詳しくは、こちらをクリック ☟☟☟

https://curapo.com/

The following two tabs change content below.

クラポ土浦店 店長 鎌田 康宏

クラポ土浦店の店長鎌田です。 私鎌田は貸金業務取扱主任者で約25年間金融業に従事しております。 私以外の社員も皆、金融業界歴15年以上のベテラン揃いで、日々お客様の暮らしの悩み事を解決する為に奮闘しております。関東エリア全域で対応しておりますのでお気軽にお問合せ下さい。