「車が壊れた…」「修理代どうしよう…」そんな時は、クラポにお任せ!

クラポ旭川店

こんにちは、クラポ旭川店 オートローン担当の島尻です(*・∀・)ノ゛
今回は、車のトラブル(事故や故障)のお悩みをサクッと解決しちゃいます!

 

 

 

事故の場合

自動車事故の種類

主に「物損事故」と「人身事故」の2つに分かれます。

☑ 人身事故の場合にはまず、けが人の救護が第一です。
☑ 二次被害を防ぐために、車とけが人を安全な場所に移動したら、すぐに119番に電話をして救急車を呼びます。
☑ 道路交通法では、交通事故が起きたら警察に連絡することが運転者に義務付けられています。
☑ 自損事故や軽い物損事故の場合でも、車をぶつけたら必ず110番に連絡をしましょう。
☑ 事故現場の状況を可能な限り記録し保存しておきましょう。
☑ ドライブレコーダーを取り付けている場合には、録画されているデータを保存しておいてください。
☑ 事故の記憶は次第に薄れていきますので、事故の状況について詳しくメモを取っておくといいです。

メモがあると、保険会社へ説明する時に落ち着いて話す事が出来ますね。

 

 

故障(走行中)の場合

走行中に車が故障した場合

追突などの事故を防ぐために安全かつ迅速に次のように対処しましょう。

☑ 速度を落とし、安全な場所に車を移動させましょう。
※ ブレーキを踏んでも速度が落ちない場合は、ブレーキを両足で踏み込みます。
※ 速度が落ちない場合は、エンジンブレーキを使って速度を徐々に落とします。
※「停まらない」と焦ってエンジンのスイッチを切ると電気系統がすべて止まってしまうので、かえって危険になります。
☑ 安全な場所に移動して、パーキングブレーキをかけて車を停めましょう。
※ 車を停めるまではエンジンのスイッチを切らないでください。
☑ ハザードランプを点けましょう。
☑ 故障車と人がいることを周囲に合図しましょう。
☑ 発炎筒を持って、故障車と人がいることを合図しながら、車の50m以上後方に停止表示器材(三角表示板等)を立てます。
☑ 発炎筒を路上において後続車に危険を知らせます。ガソリンもれがある場合は、発炎筒の取り扱いに十分注意してください。
※ 特に高速道路では、自動車交通事故防止のために利用されることが多く、かなり大きな効果をあげています。
☑ 出火している場合は、消防隊(119番)に連絡しましょう。
※ ボンネットから煙が出ている場合は、ラジエーターやエンジンルームから火が出ている可能性があります。
※ 安易にボンネットを開けずに、消防隊やレッカー車の到着を待ちましょう。
☑ そのほかの場合は、保険会社に連絡しましょう。最近の保険はロードサービスでレッカーが含まれていることが多いので確認しましょう。

事故でも故障でも事前に対処方法がわかっていれば落ち着いて対応出来ますので、参考になればと思います。

 

 

修理代は保険を使う?|まとめ

車の修理でまず頭に思い浮かべるのは、任意保険かと思います。

しかし、任意保険を使用して補償を受けると等級が3等級もしくは1等級下がり、翌年からの保険料が上がります。

契約者に過失がある事故で保険を使用した場合は等級が3つ、偶発的な事故の場合は等級が1つ下がります。

事故時の等級にもよりますが、等級が3つ下がると翌年以降の保険料は 約2万円 5万円 アップします。

事故により負担しなければいけない「修理代」と「等級アップ後の保険料」をよく比較して、保険を使うべきかどうか慎重に検討するべきでしょう。

検討した結果、保険を使わずに修理するには当然お金がかかります…
それも車の修理となれば大きな出費となりますよね…

そんな時は、当社のクラポ整備です!

クラポ整備は、修理にかかる費用を1年か2年の分割でお支払いすることが可能なのです!!
修理に出せる工場はこちらの提携先整備工場一覧をご覧下さい。

☟ 提携先一覧は、こちらをクリック! ☟

https://curapo.com/shaken/partner/

※ ご利用には審査がございますので、まずはお近くの店舗へお問い合わせください。

☟ お申込み・お問合せは、こちらをクリック! ☟

https://curapo.com/shaken/

お困りの際はお気軽にご相談下さい。お客様に最適な商品をご提供させて頂きます。

The following two tabs change content below.

クラポ旭川店

クラポ旭川店はお客様が入店しやすい環境を常に考え 温もりのあるファミリー的な店舗を目指しております。 男性スタッフ3名・女性スタッフ2名 スタッフがいつでも笑顔でお客様を迎えられるように心がけております。 是非、旭川店へお越し下さい。