街金のキャッシングは安全?ヤミ金との違いと街金の「メリット」「デメリット」を解説

クラポ札幌本店 今井 秀彦

こんにちは!クラポ札幌本店の今井です。

みなさんの中には、お金を借りたいでも…

✓ 街金ってどんな会社なの?
✓ 街金でお金を借りたいけど怖い…
✓ 街金と他のキャッシングの違いがわからない…
✓ 安全なキャッシングの方法を知りたい…

など、不安やお悩みの方も多いのではないでしょうか?

【街金】と聞くと、なんとなく危険なイメージをもってしまいますよね…

法律を守らず運営している【ヤミ金】は危険ですが、街金は法律を守って運営されているので安全です。

今回は

✓ 街金が安全な理由
✓ 街金と銀行のキャッシングの違い
✓ 安全にキャッシングする方法

について、詳しく解説していきます。

最後まで読めば、街金で安全にキャッシングする方法がわかるでしょう。

 

 

 

街金とヤミ金は違う!

混同されがちですが、街金とヤミ金はまったく違います。

街金は安全ですが、ヤミ金を利用してしまうと大変な被害がでる可能性もあります。

街金・ヤミ金の違いを知り、ヤミ金を利用するのは避けるようにしましょう。

街金とは?

街金とは「街にある小規模の貸金業者」のことをいいます。

昔は、貸金業者の店舗が街中にあることが多かったことに由来する呼称だそうです。

他にもサラ金という名称を聞いたことがある方も多いかと思います。

サラ金とは主に、個人の消費者に対して貸付けを行う中小の消費者金融のことです。

消費者金融の大手と中小を分ける明確な基準はありませんが

・アコム
・プロミス
・アイフル

など、事業規模の大きい3社以外を中小消費者金融と呼ぶことが多いようです。

つまり街金とは【中小の消費者金融】のことです。

街金でのキャッシングは安全

消費者金融は、貸金業法という法律を遵守し、国や都道府県から登録を受けて健全に運営されています。

大手・中小問わず、安心してキャッシングを利用することができます。

貸金業法とは簡単にいうと、貸金業の業務の適正な運営を確保して、利用者が安心して借入ができるように定めた法律です。

□ 借入額の上限を年収の3分の1と定めた【総量規制】
□ 上限金利は【利息制限法】のよって15~20%まで

など、過剰貸付を規制すること、高金利業者から利用者を守ること、貸金業者が健全に運営されるように細かく規制されています。

また、街金といえば思い浮かぶのが、延滞した場合の【取り立て】ではないでしょうか?

取り立てについても【取立行為の規制】という貸金業法により、様々な行為規制があります。

・取立時間
・強迫行為
・本人以外への取立の禁止

などの規制もあります。

貸金業法について、詳しく知りたい方はこちら☟
https://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/kihon.html

ヤミ金でのキャッシングは避けよう

街金=中小消費者金融は安心して利用できますが、ヤミ金を利用するのは非常に危険です。

ヤミ金は貸金業法を守らず運営されているので、総量規制や上限金利を超えた貸付けをします。

また、申込み時に聴取した個人情報を悪用したり、延滞した時などは家族や友人にまで執拗な取立をしたりします。

このように、ヤミ金を利用してしまうと大変な被害に合う可能性があります。

ヤミ金の見分け方は難しくありません!

法律に則り運営されている消費者金融は財務局又は都道府県に登録されています。

以下から検索できるため、怪しいと感じたら調べてみましょう。
https://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php

最低でも2つ以上の項目を入力して検索するようにしてください。

 

 

消費者金融の「キャッシング」と、銀行「カードローン」の違い

消費者金融以外に銀行でもキャッシングができます。

銀行のキャッシングは、カードローンと呼ばれることが多いです。

同じ融資でも消費者金融と銀行では

✓ 金利
✓ 融資までの速さ
✓ 総量規制

などについて違いがあります。

金利は銀行の方が低くことが多いですが、融資までの速さは消費者金融の方が速いです。

資金が必要な日まで時間に余裕があって金利も抑えて融資を受けたい場合は、銀行をおすすめします。

急な出費などですぐに利用したい場合は、消費者金融を利用するのが良いでしょう。

また、消費者金融には総量規制がありますが、銀行は【銀行法】という法律に則って運営されています。

法律が異なるので、銀行には総量規制がありません。

とはいえ、いくらでもお金が借りられるわけではなく、銀行ごとに総量規制に近い制限が設けられています。

 

 

街金=中小の消費者金融でキャッシングする「メリット」

ここでは、中小の消費者金融を利用するメリットを解説します。

メリットをよく読んで自分に合っているかを判断してみてください。

独自の審査基準がある

大手消費者金融や銀行は過去のデータを基に、機械的に審査する傾向があります。

過去に、延滞やトラブルがある場合は利用するのが難しいでしょう…

一方で、中小の消費者金融は現在の状況を踏まえて柔軟な審査をしてくれます。

審査が甘いわけではありませんが、審査の基準が異なるため、大手消費者金融や銀行で審査が通らなかった人でも利用できる可能性があります。

地域密着

中小の消費者金融は地域に密着し、地方に有人店舗を設置していることが多いので、解らないことを相談しながら利用できるメリットがあります。

大手消費者金融は自動契約機やオンラインでの申込みがメインで、有人店舗自体が多くありません。

・慣れていないので、解らないことを相談ながら利用したい…
・本当に安全なのか、来店して接客などを見てみたい…

など、解らないことや不安を解消してから利用したい方にはおすすめです。

独自のサービスがある

業者ごとに、独自のサービスを展開している場合もあります。

例えば…

✓ 女性専用
✓ 借換え専用のローン
✓ 家具・家電レンタル

などが挙げられます。

利用される方の目的と提供されるサービスがマッチしていれば、お得に利用できたりします。

独自審査について詳しく知りたい方は、こちら☟
キャッシング|「法定審査」「独自審査」特徴と違いについて徹底解説

 

 

中小の消費者金融でキャッシングする「デメリット」

ここまで中小の消費者金融を利用するメリットを紹介してきましたが、銀行や大手消費者金融と比較したデメリットもあります。

デメリットもよく理解した上で利用するようにしましょう。

対応サービスが少ない

大手消費者金融には専用アプリがあったり、利用できるATMの数が多かったりとサービスが豊富です。

一方で中小消費者金融は専用アプリを提供している業者も少なく、利用できるATMも限られています。

金利が高い

中小の消費者金融は金利が高い傾向があります。

大手消費者金融の金利が3~18%ほどなのに対し、中小消費者金融は金利が8~18%のところが多いです。

一方で、融資額や返済方法によってはどちらも上限金利が18%なので、大手と中小でもさほど変わらない場合があることは覚えておきましょう。

借入限度額が低い

大手の借入限度額が500~800万円ほどに比べ、中小は~300万円ほどと借入限度額が低い設定になっています。

高額融資を受けたい場合は、大手消費者金融での利用を検討すると良いでしょう。

限度額が高くても、総量規制を超える融資は受けることができません!

年収によっては希望通りの融資を受けることができない場合もあります。

 

 

ブラックでも中小消費者金融ならキャッシングできる?

中小消費者金融は、現在の返済能力や状況を基に、柔軟に審査をしてくれる可能性があります。

大手消費者金融や銀行では、過去の延滞やトラブルで信用情報に問題があると融資を受けるのは難しいでしょう…

中小消費者金融だからといって、誰でもお金を借りられるというわけではありません。

しかし、業者ごとにある独自の審査基準をクリアしていれば利用できる可能性があるので、大手消費者金融の審査に落ちた場合でも、あきらめずに申込みしてみると良いでしょう。

 

 

まとめ|街金でのキャッシングは安全!ヤミ金に注意しよう!

街金=中小の消費者金融が安全な理由、街金とヤミ金・銀行の違い、街金のメリット・デメリットをまとめました。

街金は消費者金融なので、貸金業法という法律を守り、健全に運営されているので安全です。

一方でヤミ金は、総量規制や上限金利を超えた貸付け、個人情報の漏えい、悪質な取り立てなどの被害にあう危険があります。

また、大手・中小消費者金融・銀行にはそれぞれ特徴があり、自分に合ったローンを選ぶことが大切です。

機械的な審査ではなく現状を見て審査してほしい、対面で相談しながら利用したい方には、街金=中小の消費者金融がおすすめです。

間違ってもヤミ金だけは利用してはいけません!

少しでも怪しいと思ったら財務局又は都道府県に登録されている業者か調べるようにしましょう。

クラポ(エイシン産業株式会社)でもキャッシングを取り扱っております。

事業規模でいうと、街金といわれることもあるかもしれませんね!

北海道知事の登録を受けている健全な会社です。

興味のある方は、画像をクリックしてください。

The following two tabs change content below.

クラポ札幌本店 今井 秀彦

クラポ札幌本店 今井です。 元々は商社に勤めていましたが、金融業界に興味を持ち、かれこれ20年以上身を置いています。 金融業の概念にとらわれず、金融以外でも新しい商品の開発にチャレンジしながらお客様の暮らしが少しでも豊かになるよう日々、努力を続けてまいります。